03-5669-5852

[受付]/月・火・木・金 10:00〜16:00
(定休日/水・土・日・祝・年末年始)

お問い合わせ

第1回リズムダンス選手権 全国大会 in 神戸 2019.10.26

神戸の秋の恒例イベントとなったリズムダンス選手権大会、神戸市文化ホールにて、第20回キッド・ジュニア選抜全国大会と第31回全日本エアロビクスコンテスト全国大会と同時開催で行われます。リズムダンス選手権大会の開催日は2日目の10月27日(日)です。

プログラム

10月27日(日)

  • 10:00 / 開場・受付開始
  • 11:00 / 開会式

  • 11:30 / 第一部
    リズムダンスグループ・団体 決勝

リズムダンス
グループ

  • ① リズムダンスグループ(小学生)
  • ② リズムダンスグループ(中学生)
  • ③ リズムダンスグループ(高校生)
  • ④ リズムダンスグループ(大学生~一般)

リズムダンス
団体

  • ⑤ リズムダンス団体(小学生)
  • ⑥ リズムダンス団体(中学生)
  • ⑦ リズムダンス団体(高校生)
  • ⑧ リズムダンス団体(大学生~一般)

  • 13:00 / デモンストレーションタイム
  • ① 神戸市高校・大学ダンス部
  • ② チアダンス
  • ③ エアロビクスジュニア

  • 14:00 / 第二部
    ひきつづき、リズムダンスグループ・団体 決勝

  • 16:00 / デモンストレーションタイム

ブレイクダンス
バトル

キャスト

  • BBOY KAZUHIRO / カズヒロ
  • BBOY KOSSY / コッシー
  • BBOY YouYA / ユウヤ
  • BGIRL AYANE / アヤネ
  • DJ MAR SKI / マースキー

  • 16:30 / 表彰式
  • 18:00 / 閉会

ご挨拶

リズムダンスの流れ

6年前に学校授業に正式にダンスが加わり、それを機に、ダンス業界は大きな変革の流れに直面しました。それまでのストリートダンスやヒップホップダンスが暗く、マニアックなダンサーだけのイメージだったのが、一変し、明るく健康的な楽しいダンスに変わったのです。

当初、文部科学省はフォークダンスが中心になると考えていましたが、実際は、90%以上がリズムダンスを導入しています。また、そのうち90%以上がヒップホップダンス・エアロビクスダンス・チアーダンスを基本とした創作ダンスをつくり、運動会やフェスティバルで発表しています。

当連盟は、このリズムダンスを競技スポーツとしてルールをつくり、全てのカテゴリーのダンスが参加できるように、子供からシニアまで楽しめる生涯スポーツ競技として推進しております。昨年は、第2回リズムダンス選手権大会を開催し、8地区予選を勝ち抜いた約300名の参加がありました。

リズムダンス競技とは

新競技種目「リズムダンス」は、スポーツ競技としての明確なルールが必要となります。
2019年度より、「新ルール」が適用され、より明確な協議基準となりました。

当連盟の目指す道

当連盟はダンス業界唯一の競技スポーツ団体です。設立3年目の今年は県連づくりに拍車をかけ、日本全国、25県連が立ち上がりました。

「日本スポーツ協会」への加盟申請について、現在、検討中です。
2020年の東京オリンピックまでに日本スポーツ協会への加盟を目指し、近い将来、47都道府県での県連を立ち上げ、生涯スポーツ競技団体として、小学校大会・中学校大会・インターハイ・インターカレッジ・国体そしてシニア大会までの開催を目指していきます。

現在、主催している「アジアエアロビクス&リズムダンス選手権大会」のレベルの向上した上で「リズムダンス世界大会」へステップアップさせていく予定です。

令和元年10月吉日
一般社団法人 日本リズムダンス連盟

名誉会長 小野 清子
会長 戸田 公久

審査員コメント

審査員 坂見 誠二

リズムダンスコンテストの、出場者の方々に審査の
ポイントは、やはり
◎リズムに有っているか? ◎アイソレーションが出来ていて、又アイソレーションを生かして、身体の色々な箇所を使って、踊っているか? 等がチェックされます。身体の色々なパーツを生かして、ダンスして見て下さい。
そして、楽しみながら、ダンスして下さい。
皆さま頑張って下さいね!

審査員 吉山 一利

全国大会出場おめでとうございます。
本大会では「リズムダンス」というネーミングのとおり、リズムに重点を置いています。
つまり、リズムに合っているか、リズムを感じながら踊っているか、ということが、重要な審査ポイントになります。
日頃の練習の成果を思う存分発揮できるよう楽しんで演技して下さい。
心の底からリズムを感じられるような演技を期待しています。

審査員 小林 春野

様々なジャンルの競合であります、リズムダンス選手権 全国大会。
規定であります4つのエレメントを入れ、観客を引き込ませる、熱い熱い演技を期待しております。
日々の練習、努力の集大成、神戸でお待ちしております!

審査員 小塚 拓

この度は審査員として各チームの演技を審査させて頂きます。
それぞれのチームのカラーをステージで魅せて下さい。
全国大会に向けて練習してきた成果をステージで発表する姿を楽しみにしています。
たくさんのサポートしてくださった方々に感謝して思い切り踊って下さい。
宜しくお願い致します。

審査員 中島 桂吾

全国大会出場おめでとうございます。
多種多様なジャンルでの『リズム』を各チームで表現して下さい。ビートや歌詞、そして曲の雰囲気など、様々な要素を意識した『リズム』があると思います。
自分たちが表現したいものを明確にし、全力で演技をしましょう。私たち審査員も全力で審査させていただきます。
出演者の皆さんの素晴らしい演技に期待しています。

審査員 米山 温子

私は高校でチアリーダ一部に入部し、日本チアリーディング界の第一人者である羽柴多賀子氏と出会いました。そして、日本武道館で行われた全国マーチングバンドバトントワリング 金賞受賞ならびに USA Nationals1997 グランプリ受賞しました。東海大学に進学した後は、WING DANCE PROMOTION Silver Wingsに所属し、国内外の大会に出場し成績を納め、ダンス経験を積みました。さらに、チアリーディングのみならず、ヨガ、社交ダンスなど多種のダンスを学んできました。皆さん、全国大会に出場し、大勢の仲間たちと競い合うのは貴重な体験です。思う存分実力を発揮するとともに、是非、多くの出逢いを楽しんでください。

新ルール

リズムダンスとは

リズムに合わせて動くことを最も重視し、身体を使って表現するダンス。ダンスのジャンルは問わない。(オールジャンル可)

ダンスの種類について

学校における体育・保健体育の授業におけるダンスについては、小学校では表現運動でダンスを指導することとし、また、中学校及び高等学校では、創作ダンス、フォークダンス、現代的なリズムのダンスを指導することになっています。

  • 創作ダンス
    モダンダンス など
  • フォークダンス
  • 日本の民謡
  • 外国のフォークダンス
  • リズムのダンス(現代的なリズムのダンスなど)
    タンゴ、サンバ、サルサ、ジャズ・ダンス、ヒップホップ、バレエ、社交ダンス、フラメンコ、タップダンス、スクエアダンス、フラダンス、ベリーダンス、バリ舞踊、チアダンス、YOSAKOIソーラン(北海道)、エアロビクス・ダンス など
    ※ここでのリズムのダンスは、創作ダンス及びフォークダンスに属さないリズムにのったダンスを整理したものである。なお、エアロビクス・ダンスのように、学校体育では「体つくり運動」で指導するものなども含まれる。

リズムダンス(小編成)

部門 条件 人数 演技時間 ステージ 全国大会出場権
小学生   2名〜10名 2分00秒〜3分00秒 奥行10m×幅10m
*目安のフロアーサイズ
ラインオーバーは減点にはならない。
1位
*成績優秀な場合は、2位、3位も出場権を得られる場合あり。
中学生 小学生以下の選手と混合可能
高校生 中学生以下の選手と混合可能
大学生から一般 高校生以下の選手と混合可能

リズムダンス(大編成)

部門 条件 人数 演技時間 ステージ 全国大会出場権
小学生   11名〜40名 2分00秒〜3分00秒 奥行12m×幅15m
*目安のフロアーサイズ
ラインオーバーは減点にはならない。
1位
*成績優秀な場合は、2位、3位も出場権を得られる場合あり。
中学生 小学生以下の選手と混合可能
高校生 中学生以下の選手と混合可能
大学生から一般 高校生以下の選手と混合可能

審査基準

総合得点10点(芸術6点、技術4点)

芸術(アーティスティック)
  1. 音楽の適合性(リズムに合っているか) 20%
  2. 振り付け、構成(創造性) 10%
  3. 動きの表現力 10%
  4. ファッション(振り、音楽に合っているか) 10%
  5. プレゼンテーション、チームワーク 10%
技術(エグゼキューション)
  1. エレメント 10%
  2. テクニック(完成度、正確さ) 10%
  3. 一致性 10%
  4. フォーメーション 10%

減点事項

  • タイムオーバー 規定時間枠内に演技がなされなかった場合(0.5の減点)
  • プレパフォーマンス(0.5の減点)
    *オープニングポーズまでに20秒以内で用意する。最初の一人がステージに踏み出したときからカウント始まる。

*ラインオーバーは減点対象外

その他

  • ダンスのジャンルは特に問わない。
  • スローテンポとハイテンポを取り入れた数種類のオリジナル指定曲の中から選択し、演技すること。
    スローテンポ(BPM100以下)、ハイテンポ(BPM101以上) *BPM=1分間の拍数のこと。
  • エレメントは以下の視点で評価する。*以下の中から4つエレメントを入れること。(組み合わせは自由)
    (例)①②③④と専門のエレメントのみでも良いし、①⑤⑨⑩のように違うジャンルのエレメントをミックスしても良い。

    チアダンス
    ①アームモーション ②ジャンプ or キック ③ラインワーク ④ダンスステップ
    *チアダンスのエレメンツを行う場合はポンポンを手具として使用し、最初から最後まで持っていること。
    ダンス(フリースタイル)
    ⑤アイソレーション ⑥グルーヴ ⑦ステップ ⑧ダイムストップ(ロックや早い動きを正確に止めること等)
    エアロビクス
    ⑨ハイキック ⑩ジャンプ ⑪ターン ⑫フレキシビリティー

    *審査にはチアダンス、ダンス、エアロビクスそれぞれの専門分野の審査員が1名入ります。
    エレメント審査10%の持ち点は、「専門審査員→6%、審査員A→2%、審査員B→2%」の配分とし、その分野の専門性を理解した審査員の配点を高くすることで明確な審査を行います。

  • 衣装など
    • スポーツにふさわしく、演技に反映する衣装を着用すること。
      (暴力、エロを連想させるような衣装、化粧、演技はふさわしくない。)
    • 衣装には帽子、キャップ、手袋、スカーフ、アクセサリー舞台衣装を含む。
    • 演技中に衣装の一部を外したり脱いだりしても構わないが、演技に合っていることが必要。
    • 内履きを履くこと。(外履きは禁止。ヒール禁止)
    • 小道具(ステップ台、ボール、つえ、ウェイト、ラバーバンドなど)の使用は可能だが入退場時に持ち込み撤去できるものとする。
    • 医療関連のテーピング等は特に問わない。
  • 当連盟では安全性を考えた振付(構成)を推奨しています。

会場・アクセス

神戸文化ホール 大ホール (公式サイト)
〒650-0017 神戸市中央区楠町4-2-2
TEL: 078-351-3535